たっきーのガジェットと投資・お金の話

ガジェットとお金に関する話をどしどし発信するブログです。ガジェットについては、さまざまな変わった端末を入手してレビューを投稿しています。お金については、特にポイントを使った投資や実績についてを発信していきます。

カテゴリ: ガジェット

こんにちは、たっきーです。

楽天モバイルとソフトバンクのプリペイドSIMの組み合わせ、超絶便利です。




エリアに問題ないときは楽天モバイルを使って容量や速度を気にせず快適通信

電波が弱くなったらプリペイドSIMに切り替えて、エリアと速度の問題のないソフトバンク回線で通信。

両方使っても月額になおすと3500円ほど。

これで無料の通話かけ放題も使えるんですから、ほんとこの使い方はすばらしい。

ただし、ここで必要となるのがSlMの切り替えが可能なDSDV端末。

このDSDV端末がなくてもWiFiルーターを用意したり、スマホを2台持つことで楽天モバイルとプリペイドSlMを組み合わせることができますが、DSDV端末で2枚挿しするのが超絶便利なので、おすすめです。

私が利用しているDSDV端末と、その使い方についてメモしておこうと思います。

まず、私が使用しているDSDV端末は、XiaomiのRedmi Note 9Sになります。

色々と性能がモデルによって違うみたいですが、私が使用しているのはRAMが6GB、ROMが128GBあるモデルですね。

SIMが2枚入りますので、1枚目は楽天モバイル、2枚目はソフトバンク回線を利用したプリペイドSIMを入れています

通常は、音声もデータも楽天モバイルを利用するように設定しています。

楽天モバイルの回線が弱くなりそうなところ、例えば、コンビニの会計する場所が奥まった場所にあるような場所でコード決済を利用したいときなどはデータ回線のみをプリペイドSIMに切り替えて決済したりしています。

SIMの切り替えの際の作業は以下の通り。

  • 「設定」をタップ
  • 「SIMカードとモバイルネットワーク」をタップ
  • 「データカード」を楽天の側からプリペイドSIMの側へ変更

これだけです。

驚くべきなのが、切り替えのはやさ。

楽天モバイルのSIMからプリペイドSIMへ変更をタップしたあと、ホームボタンを押して利用したいアプリを開くとすでにデータ回線はつながっています。

この切り替えのはやさが魅力です。

せっかくSIMの2枚挿しをしていても、切り替えが遅かったら使い物になりません。

Redmi Note 9SではこのSIMの切り替えは瞬時に行われますので、切り替え作業にストレスが貯まることがないのです。

これは、ほんと便利です。

コンビニのコード決済のときにすぐに切り替えたいのに、なかなか切り替えが終わらないなんてことはなく、気軽に切り替えを行うことができる。

このような状態であれば、基本は楽天モバイル、気になったときにすぐにプリペイドSIMに切り替えができますので、楽天モバイルを使っていてもエリアのことで気をつかうことがなく、ほんとうに気が楽になります。

他のDSDV端末でこのSIM切り替えを行なったことがないので、他の端末でも同様にこれくらいの速度で切り替えができるのかわかりませんが、一度試してみる価値大ですね。

以上です!

楽天モバイルを利用している人は、ぜひプリペイドSIMをあわせて利用してみてくださいね。

ではでは、たっきーでした!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっき一です。

またはじまりました、goosimsellerのセール。

今度は本店でのセールになりますよ。

端末をセール価格で購入できる条件は、OCNモバイルONEの音声SiMを同時契約すること。

新規契約でもMNPでもどちらでも大丈夫です。

セールの開催期間は9月22日の11時まで。

セール会場はこちらです。


セールの対象端末の中で1万円以下で購入できるものは以下の通りになります。

  • OPPO A54 5G(RAM 4GB、ROM 64GB):6400円
  • Jelly 2(RAM 6GB、ROM 128GB):3300円
  • Redmi 9T(RAM 4GB、64GB):1円
  • OPPO A73(RAM 4GB、ROM 64GB):1円
  • moto g PRO(RAM 4GB、ROM 128GB):6400円
  • moto g8 plus(RAM 4GB、ROM 64GB):3500円

これら1万円以下で購入できる端末をみると、うーん、今回はインパクトが小さいなと言わざるを得ません。

私は今、スマホを購入するんであればRAM 6GB、ROM 128GBは必要だと思っています。

その両方を満たす端末としてはJelly 2がありますが、Jelly2は、ちょっとマニアックな端末。

ディスプレイサイズは3インチですからね。

そうすると、両方の条件を満たす端末はないです。

ROMの条件の方が大事だと思いますので、検討に値するのは、ROMの条件をクリアするmoto g PROくらいかな。

楽天経済圏にいる人であれば、楽天スーパーDealを利用して、ポイントを大量に還元してもらい、実質価格を大幅に下げるようにすれば、goosimsellerと同程度の価格でスマートフォンを購入できますので、そちらの方がお得だと思います。

goosimsellerにはもうちょいがんばってもらいたいものですね。

以上です!

ではでは、たっきーでした!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっきーです。

またはじまりました、goosimsellerのセール。

条件は、いつものOCNモバイルONEの音声SIMの同時契約になります。
セール期間は下記のとおり。

期間:8月25日11時〜9月13日11時まで
サイト:



セール対象端末は、上記のリンクから確認できますが、1万円以下で購入できる端末は以下の通りとなります。

1万円以下で購入できる端末
  • OPPO A54 5G(RAM 4GB, ROM 64GB):7980円
  • Xiaomi Redmi 9T(RAM 4GB, ROM 64GB):11円
  • SHARP AQUOS sense 4(RAM 4GB, ROM 64GB):9020円
  • OPPO A73(RAM 4GB, ROM 64GB):1100円
  • Motorola moto g PRO(RAM 4GB, ROM 128GB):7260円
  • OPPO Reno3 A(RAM 6GB, ROM 128GB):9980円
  • Motorola moto g8 plus(RAM 4GB, ROM 64GB):3960円
  • OPPO Reno A(RAM 6GB, ROM 64GB):1100円
ただ、この中でも、長く使えない端末を購入しても意味がありません。

今、スマートフォンを購入するときに最低限必要だと思うスペックはRAM 6GB、ROM 128GBになります。

両方の条件を満たすのはOPPO Reno3 Aのみになります。
ただ、私は使っていた端末が、画面の反応がいまいちだったので、あまり良い印象がありません。
そのため、RAMとROM、どちらの条件がより重要かなと考えたときに、私はROMの条件のほうが普通の人は大事だと思います。
アプリのデータサイズや、kindleなどの電子書籍の一冊のデータサイズがだいぶ大きくなっていることから、長く使うことを考えると、64GBはかなり心もとないと思うからです。
実際、私のスマホもROMが128GBのものを使っており、すでにストレージは64GB以上、具体的には70GBほど利用しています。

そうなると、ROMの条件をクリアする端末としてはMotorola moto g PROが候補になります。
Motorolaの端末はディスプレイの感度も良いですし、こちらはオススメできますね。

ただ、確かにgoosimsellerのセールはスマートフォンを安く購入できるのは違いないのですが、私は今は利用していません。
理由はふたつほどあります。

ひとつめは、致命的なもの。
goosimsellerのセールでスマートフォンを何度も購入していたら、OCNモバイルONEのブラック判定になっちゃったということ。
goosimsellerのセールを紹介しているサイトによっては、音声simを半年維持しておけば大丈夫と書いているものもありますが、それは正しくありません。
だって、実際に私はOCNモバイルONEの音声simを半年未満で解約したことはないのにブラックになりましたから。
どうやら、解約した回数が問題になるようです。
みなさんをお気をつけを。

ふたつめは、他にも魅力的な購入先があるということ。
私が最近利用しているのは、楽天市場でポイントが大量にアップする楽天スーパーDeal。
楽天スーパーDealでスマートフォンが対象になると、ポイント還元率が30%から50%ほどになります。
楽天経済圏にいる人であれば、この還元されたポイントはほぼ現金と一緒と言っても問題ないほどの価値があります。
そのため、実質的な値引きと一緒。
30%から50%の還元率だと、1万ポイント以上のポイント還元があるのがざらなので、goosimsellerのセールとあまり変わらなくなります。
しかも、こちらは音声SIM契約などのわずらわしい条件はいりません。

以上です!
goosimsellerのセール、もし欲しい機種があるのであれば、使ってみてもいいかもしれませんね。

ではでは、たっきーでした!





このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっきーです。

また、goosimsellerのセールがはじまりましたね。
スマートフォンを格安で購入できるgoosimsellerのセール。
私はブラックになっているので購入できませんが...。

スマートフォンを安く購入できる条件は、OCNモバイルONEの音声SIM契約を同時にすること。
データ専用SIMではダメで、音声SIMが必要になります。
期間は8月20日の11時まで

セール対象となっている端末については、下記のセールのサイトを参照。


その中でも、気になるのは安い端末ですよね。
そこで、セールで1万円以下で購入できる端末を書き出してみました。

  • OPPO A54 5G(RAM 4GB, ROM 64GB):8600円
  • Redmi 9T(RAM 4GB, ROM 64GB):1円
  • OPPO A73(RAM 4GB, ROM 64GB):1円
  • Moto g PRO(RAM 4GB, ROM 128GB):6400円
  • OPPO Reno3 A(RAM 6GB, ROM 128GB):7900円
  • Moto g8 plus(RAM 4GB, ROM 64GB):3500円

この中でも、今、私が考える購入するときに最低限必要となるスペックはRAM 6GB、ROM 128GBだと思います。
そのうち、ROM128GBは必須だと思います。
アプリをインストールしたり、電子書籍を読んだり、ゲームをダウンロードしたり。
今、スマートフォンでできることが広がるにつれて、ROMの容量はほんとうに必要になると思います。

1万円以下の端末でこれを満たすのは、moto g PROとOPPO Reno3 Aのふたつのみ。
いずれも5000円以上しちゃう端末ですね。

ちなみに、goosimsellerのセールは、何度も使っているとブラックになります。
サイトによっては、半年使い続ければよいなんて書いているものもありますが、半年ちゃんと使い続けてブラックになった私が言うのですから、間違いないです。
気に入った端末で使うようにしましょう。

スマートフォンを安く購入するんであれば、このgoosimsellerのセールを利用するか、もしくは楽天スーパーDealの対象になっている端末を狙うのもよいと思いますよ。
ちょうど今、お買い物マラソンもやっていることですし。

以上です!
ではでは、たっきーでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっきーです。

またまた始まりました、goosimsellerのセール。

私はブラックになってしまいましたので、契約することはできないのですが、まだ利用できる人にとっては十分、オトクなスマホの入手方法です。
ちなみに、私はブラックになりましたが、短期解約を繰り返したりということはしておらず、きちんと半年間使い続けたあとに解約をしていたのですが、単純に解約数が多いだけでブラック認定されるようですので、このgoosimsellerのセールを利用できる回数にほぼ上限があるので、特に気に入ったものを購入するとしたほうがいいでしょう。

セール価格でスマートフォンを購入するための条件は、OCNモバイルONEの音声SIMを同時に契約すること。
データではなく、音声SIM契約をすることが必要になるのが、契約するのをちょっと思いとどめてしまう点ですよね。
既存の電話番号のキャリアを変更したくない人にとっては、追加で音声SIMを持つことが必要になり、音声SIMを複数持つ、つまり複数の電話番号を持つということに抵抗がある人は多いと思いますので。

セール期間は7月16日11時まで。
最終日が終日セールしているわけではなく、11時までなのに注意が必要ですね。

セール対象となっている機種は以下のキャンペーンサイトを確認してみてください。


セール対象は上記のサイトの通りなのですが、気になるのはやはり、安いもので良い機種があるのかどうか。
1万円以下で購入できる端末は以下の通りとなります。
  • Redmi 9T(RAM 4GB, ROM 64GB):1円
  • OPPO A73(RAM 4GB, ROM 64GB):1円
  • moto g PRO(RAM 4GB, ROM 128GB):7700円
  • OPPO Reno 3 A(RAM 6GB, ROM 128GB):9300円
  • moto g8 plus(RAM 4GB, ROM 64GB):4700円

この中で、私が今スマートフォンを購入するときに最低限必要な性能だと思っているのが、RAM 6GB, ROM 128GB。
今購入して、スマホがサクサク動くというのが続いてくれるためにはやはりRAMが6GBが必要だと思っています。
また、最近、いろんなものをスマホにダウンロードして利用する機会が多くなっていますので、容量を気にせず、スマホを使うことができるようにするためには、ROMが128GBあると心配なくなります。
どちらかというとROMの条件の方が大事だと思います。
どちらかの条件をクリアしてくれるのは、moto g PROとOPPO Reno3 Aです。
どちらかであれば長く問題なく使えそうですね。

追加の割引として、OCNでんわ完全かけ放題オプションを契約すると、2000円オフというものがあります。
ただ、月額1430円で解約し忘れのリスクを考慮すると、使わないほうがいいかなと思います。

以上です!

ではでは、たっきーでした!







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ