こんにちは、たっきーです。

私が考えるMVNOの生き残りのポイント。
それは、高速ではなくてもいいから、大容量利用することができる、そういったプランだと思っています。

そんな中、面白いプランが登場しました。
Biglobeが提供するdonedoneという新プランになります。

では、新プランの概要からまとめてみたいと思います。

Donedone概要


  • 月額料金:2728円(下記の2プランいずれも)
  • ベーシックUプラン:最大3Mbpsの速度で50GBまで利用可能(容量超過後は最大1Mbps)
  • カスタムUプラン:最大1Mbpsの速度で50GBまで利用可能。ただし、選べる3つの対象アプリは通信速度無制限で利用可能。
  • カスタムUプランで選択できるアプリ:LINE、Instagram、Facebook、Youtube、ABEMA,TikTOk,TELASA,Spotify,Amazon Music、モンスターストライク
  • Biglobe光とあわせて利用すると割引あり
  • 環境・医療などの支援ができる




いやあ、なかなか面白い。

3Mbpsで50GBというなかなかの大容量が利用できるプランと、従来のエンタメフリーオプションのようにYoutubeなどが速度制限なしで利用できるプラン。

選択できる3つのアプリを速度制限なしで利用できるカスタムUプランは、普通の人にとっては使いにくいでしょうから、普通の人におすすめできるのはベーシックUプランでしょうね。

私は今、mineoのパケット放題Plusという1.5Mbpsで大容量利用できるプランを使っていますが、1.5Mbpsであっても、Youtube視聴などで困ることはありません。
それがさらに2倍の3Mbpsですから、普段使いで困ることはほぼほぼないといって差し支えないでしょう。
とにかく動画をたくさん見たいという人にとっては、ahamoなどの20GBでも足りなくなることはあると思います。

大容量使いたくて、楽天モバイルのようにエリアに悩まされることもしたくない。
かといって、キャリアの大容量プランのような高額の支払いをしたくない、そういった人におすすめのプランになるんでしょうね。

まあ、あとエントリープランというものも発表されましたが、0円というのは魅力的ですが、さすがに今の時代、128kbpsではほぼ何もできないのと一緒ですので、紹介する意味はないと思いますね。
すくなくとも、普通の人にとっては。

ただなぁ、mineoのパケット放題Plusが安くて、かなりコストパフォーマンスの良いプランだから、ここと天秤にかけたときにこのdonedoneの方があっているというひとはどれくらいいるのだろうかと思ってしまいます。
Mineoのパケット放題plusの場合、デュアルタイプ1GBにこのオプションをつけただけだと、1683円で1.5Mbps使い放題になります。

さすがにdonedoneと比較すると月額料金で1000円程度の差がありますので、ちょっとこれは大きな金額差になっているかな。
1.5Mbpsでもyoutube視聴はまったく問題ないので、この1000円で何ができるようになるかを考えると、少し金額差がでかすぎると思ってしまいます。
Donedoneはもうちょい金額、どうにかならなかったもんでしょうかね。
寄付なんてどーでもいいから、値段下げてほしかった。
そんなこといったら、起こられちゃいますけどね。

以上です!
なかなか使いどころが実は難しいdonedone。
速度はそれほど出なくてもいいから、大容量通信を安くあげたいというひとにおすすめのプランでしょう。
ではでは、たっきーでした!