こんにちは、たっきーです。

なんだか、ソフトバンクがまた無茶苦茶なプランを出してきました。
MVNOを絞め殺してやろうという格安プランです。

名称はミニプランというもの。
まずは、概要です。

ミニプラン


  • 月額料金:990円
  • データ容量:3GB、超過後は300kbps
  • LINEギガフリー
  • 通話定額オプション:5分以内かけ放題が990円

楽天モバイルにはまだまだ負けている

安い。
確かにめちゃくちゃ安い。
意識している楽天モバイルはまだエリアに不安を抱えている中で、ソフトバンクのエリアで使えてこの値段はかなり安い。
ただし、致命的なポイントがあります。
それが通話料。
通話定額オプションがありますが、それをつけるとなると月額料金が倍になります。
倍ですよ。
これがソフトバンクお得意の一見安く見えるという手法。
いい加減やめようよ。
楽天モバイルは、通話はオプション料金なしでかけ放題です。
これを見えにくくしているんですね。
あくどい。

MVNOは工夫しないと完敗


楽天モバイルには負けていますが、MVNOはこのプランに対抗するのはほぼ不可能でしょう。
キャリア傘下にいないとできない料金設定でしょうね。
なにか工夫をしないと、MVNOに勝ち目はないでしょう。

やっぱり回線利用料は明らかにおかしい


ただ、これって本当はおかしいはずなんですよね。
MVNOは、キャリアと比べて、費用のかかる基地局建設などのコストがかかっていない。
また、実店舗についてもキャリアとは違って、ほとんど持っていない。
とすると、MVNOのコストは、確実にキャリアよりも安いはず。
にもかかわらず、MVNOとキャリアで値段設定が変わらないということであれば、それはそもそもキャリアが貸し出している回線使用料がおかしいということになるんではないでしょうか。
だって、コストは大幅に違うんですから、
これを放置しておくのは問題が多いと思います。

以上です!
ではでは、たっきーでした!