たっきーのガジェットと投資・お金の話

ガジェットとお金に関する話をどしどし発信するブログです。ガジェットについては、さまざまな変わった端末を入手してレビューを投稿しています。お金については、特にポイントを使った投資や実績についてを発信していきます。

こんにちは、たっきーです。

クラウドWiFiの大失敗や、ソフトバンクの理不尽な値上げで、安い大容量回線が壊滅する中、久しぶりに使えそうなWiFiサービスを見つけました。

ギアWiFiというサービスです。

まずは、概要を確認してみましょう。

ギアWiFi

回線:ソフトバンク
フリーコースを途中でおトク1年コースに変更可能
ルータ(304ZT、801ZT)はレンタルで、レンタル料金は無料(返却時送料は有料)

フリーコース(縛りなし)
100GB:3630円
300GB:4378円
中速無制限:4378円(受付終了)

おトク1年コース(13ヶ月以降はいつでも解約金0円)
100GB:3190円
300GB:3938円
中速無制限:3938円(受付終了)

レンタルWiFiルータ端末
100GB・300GB:304ZT
中速・無制限:801ZT(受付終了)


これはクラウドWiFiではない、ここがポイントです。

クラウドWiFiは、宣伝文句は良いんですが、実はつながっている回線がMVNOの回線であるといった場合もあり、思ったよりも使いにくいサービスです。

私は、クラウドファンディングを行っていたクラウドWiFiで痛い目にあったので、それ以来、クラウドWiFiには手を出さないと決めています。

そんなクラウドWiFiのサービスではないということで、十分、検討対象になります。

ある程度安いな、と思える値段は1年しばりのあるコースになりますが、クラウドWiFiではなく、ソフトバンクの物理SIMだということで、しばりがあったとしても、急に速度がおちたりといった心配はほとんどないと言っていいでしょう。

クラウドWiFiでは、いつ不具合が起こるか心配ですから、物理SIMを選ぶのが無難でしょう。

1年しばりのコースであれば、これだけの低価格は、ソフトバンクが値上げを実施して以降、ありませんでした。

そのため、この値段を見ると、他社から移ってくる人もいるんじゃないかなと思います。

なかなか貴重なプランのため、いつなくなるか、って言えそうです。

1年しばりでも問題ないぞーという人にとっては魅了的なプランですね。

レンタルされる端末は304ZTと、なかなか懐かしい端末ですね。

304ZTといえば、一時期、500MBずつ追加する必要はありますが、本当に無制限で通信できるプランを提供していて、それを突然、ソフトバンクがやめたという極悪な過去を思い出してくれる端末ですね(懐かしい)。

以上です!

ではでは、たっきーでした!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっきーです。

2in1スタイルで、便利なChromebookとして有名なLenovo IdeaPad Duet Chromebook。

非常に優れたChromebookであり、私も使っているデバイスです。

ただ、ひとつ重大なエラーがあり、困っていました。

それはLenovo製のUSIスタイラスの反応が当初問題なかったのに、使いものにならなくなってしまったということです。

ネットの情報にもありますが、LenovoのUSIペンを利用すると、画面にふれていない状態にもかかわらず、線が書かれてしまう現象が多発しており、これだとスタイラスがまともに使えないことになってしまいます。

Lenovo製のChromebookなのに、Lenovo製のスタイラスが使えないなんて、ちょっとおかしいとは思いますか思いますが、しょうがない、そうなんです。

これを解決する手法がありました。

ネットで探していると、新しく販売されたエレコムのUSIスタイラスを使えば、Lenovo製スタイラスのような問題は起こらず、利用できるとのこと。


さっそく、エレコムのスタイラスを購入して使ったところ、まったく問題なく使えるようになりました。

やはり、Chromebookでスタイラスが使えると、使い勝手いいですね。

LenovoのIdeaPad Duet Chromebookで、Lenovo製のスタイラスを使っていて、不具合に困っている人は、ぜひ、エレコムのスタイラスを使ってみるとよいですよ。

本当は、Lenovoが不具合をなんとかする対応をとればいいんだが…。

以上です!

ではでは、たっきーでした!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たっきーです。

Wimaxの新しいプラン、Wimax+5Gを使いはじめました。

Wimax+5Gは、今までのWimaxと同じと考えてはいけません。

auのLTE回線がスタンダードモード(使い放題のモード)でも一部の周波数が利用できることで、つながりやすさが従来のものとは段違いで、とても使いやすくなっています。

そんなWimax+5G用の新しいモバイルWiFiルータがNECから発表されました。

Speed WiFi 5G X11

  • 4000mAhバッテリー→連続8時間通信
  • WiFi6対応
  • クレードルオプション
  • 対応ネットワーク
  • 5G(sub6/NR化)、4G LTE、Wimax2+



目を引くのはWiFi6対応ということで、Wimaxの5G対応の恩恵をうけられるのではないか、と思いますよ、確かに。

でも、私がつっこみたいのはバッテリーです。

今だに8時間しか通信できないなんて...。

さすがにこれはひどい。

WimaxのモバイルWiFiルータは基本、電源ONで使います。

データ回線なんだから、それは当たり前でしょ?

そうなると普通に家を出てから戻ってくるまで8時間で済むと思いますか?

そんなのムリでしょ。

これだと、スマホ、WiFiルータの他に、WiFiルーターを充電するためのモバイルバッテリーが必須になってしまいます。

日本メーカーはこんなんだからユーザーのことを考えていないって言われるんですよ。

日本メーカーだったら、足元の日本の生活スタイルに合わせた製品をちゃんと出そうよ。

国内外で同様に販売されるスマホならまだしも、これは日本国内でしか使われることのないWimaxのルーターですよ。

ちなみにもうひとつのWimax+5G対応のモバイルWiFiルータであるGalaxy 5G mobile WiFiの連続通信時間は1000分。


16時間以上ですよ。

さすがにこの理論値までは持たないですが、一日は余裕でバッテリーは持ちます。

サムスンは私は大キライですが、日本メーカーがこんなクソな仕様の製品しか出さないので、使いつづけるしかないじゃないですか。

この分野で日本メーカーがダメになった理由を再確認しましたよ。

仕様からして、NECの新製品は、家で使いのがメインで、外にモバイルWiFiルータを持ち出すことがほとんどないよ、という人にしかおすすめできない製品ですね。

まちがっても、外出をよくする人が使ってはいけません。

はぁ、日本メーカーはどうなっているんだろ。

以上です!

ではでは、たっきーでした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ